忍者ブログ
己の癒しのために日々綴ったオリジナルほのぼのまんがのブログです
ちびりんを保護した方と面会しました
ちびりんを最初に保護したご夫婦が
ワクチンの証明書を持って来がてら様子を見に来てくださいました。

ちょっと前まではちびりんのことを
「少女漫画のちょっと不幸な生い立ちの主人公みたいな
メンドくさい性格の子だな」
と思っていましたが、
お話を伺った今では
「レディースコミックに出てくる薄幸の少女みたいな境遇だな」
という認識に変わりました。

最初のご主人が急な不幸で亡くなられたとは聞いていましたが、
保護されるまで1か月ほどゴミ屋敷に近い状態の中で命をつないでいて、
更に粗相が原因でうちにたどり着くまでに2回出戻っていたそうです。

そういう経緯もあって
最初に保護したご夫婦も
里親募集期間面倒を見てくれたボランティアさんも
随分ちびりんのことを気にかけてくれていたのでした。

確かに絵に描いたように不幸な生い立ちですし
本人も大きなトラウマを抱えてしまって
なかなか安心しきることができない状況だったようです。

しかしながら、
こんなに難しい子を気にかけて世話して下さった方々とのご縁があって
ちびりんは我が家にたどり着いたわけで。
本当に得難い縁をつないで出会うことができて感謝しております。

お試し期間の2週間を過ぎ、ちびりんはすっかりうちの子です。
要求があれば大きな声で鳴いて知らせ、
事あるごとに引っ付いて甘えかかり、
夜には同じ布団で枕を並べて寝ています。

完全に安心しきって
生活できるようになるまでまだまだ時間はかかるでしょう。
ベッドの上で粗相をしなくなる日が来るかどうかも不明です。
それでもちびりんはもううちの子なのです。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

うちの子
かっぱちゃんが川流れになったときに、イソシギさんが、もうかっぱちゃんは、うちの子なんだよと嘆いていたのを想い出しました。
たぶんちびりんちゃんは、ぷちさんの「うちの子」になるにつれて、情緒も安定していくと思います。ちびりんちゃんが、幸せになりますように。
2017.04.06  22:43  Posted by ぞうさん | Edit
Re:うちの子
>かっぱちゃんが川流れになったときに、イソシギさんが、もうかっぱちゃんは、うちの子なんだよと嘆いていたのを想い出しました。
まさしくそういう心境です。
やって来た初日から枕を共にして
最初に粗相をされたときにはすでに完全に篭絡されていました。

とにかく一日でも早く安心して過ごせるようになって欲しいです。
どうも不安になるとおやつをねだる傾向になるので
このままではちびりんがでぶりんになってしまいます…。

コメントありがとうございました!
2017.04.12  22:45  From ぷち
| prev | top | next |
| 815 | 814 | 813 | 812 | 811 | 810 | 809 | 808 | 807 | 806 | 805 |
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/11 名無しのごんべ]
[07/20 ぞうさん]
[06/30 ぞうさん]
[06/29 ぞうさん]
[06/13 ぞうさん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ぷち
性別:
女性
自己紹介:
生まれてこの方山暮らし

「ぷち」は「小さい」の意にあらず

好きな言葉は「伸びしろがある」
嫌いな言葉は「長いものに巻かれろ」
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny